マレーシアからアクセスGood!タイ最後の秘境”リペ島”

年末年始はマレーシアに行こうかと検討中のまめファミリー。

この時期のマレーシアで都会だけじゃなくてキレイなビーチも満喫したい!という方にオススメのリペ島を今日はご紹介します。

まず、リペ島はマレーシアではなく「タイ」です・・!
なんでタイの離島をオススメするかと言うとマレーシアからの方がアクセスがいいから。そしてすっごくキレイな海を楽しめるからです!!

リペ島ビーチ
リペ島夕日


まめファミリーが以前訪れたのは2017年5月。ゴールデンウィークの時期だったので日本人が多くてびっくりしたのを覚えています。

リペ島のシーズンは乾季である11月から5月。

マレーシアの東海岸リゾートはこの時期オフシーズン、そして西海岸にあるランカウイ島もペナン島も海がキレイではないのでオススメしません。

ここは思い切ってタイを目指しちゃいましょう!!

リペ島朝日


マレーシア側からのアクセスは、まずランカウイ島まで飛行機。クアラルンプールからは往復5,000円ほどです。
空港 ~ フェリー乗り場へは、配車アプリのGrabを使うと便利でお安いですが、島なのでなかなかつかまらない時があるのでその時はタクシーで向かうといいですよ。

プチ情報ですが、ランカウイ島は、なまこ石鹸が有名です。
シンガポールでも同じものを売っていますが、お高いです。日本はもっと。。。
お土産には、なまこ石鹸がおススメですよ。

クアラルンプール~ランカウイへのフライト


次にランカウイ ⇄ リペ島(Langkawi – Koh Lipe – Langkawi) のフェーリー は、 往復6000円くらいでした。 フェリーはこちらのサイトから事前予約可能です。高速船で1時間ほど。
https://www.directferries.com/langkawi_koh_lipe_ferry.htm


マレーシア側では高速船に乗る前に出国手続きも必要なので、出航時間よりかなり早くチェックインしなければなりません。船での国境越えは意外とあっさり。(タイからの出国はもっと雑!笑)

リペ島到着の際は、沖合で小型の船に乗り換え、砂浜に到着します。
膝くらいまでがっつり濡れるので半ズボン、ビーサンをおすすめします。
↓この船から降ります。濡れます。。

小さな船から入島


この到着時の砂浜のきれいさにテンションが上がりまくりますよ~。。

きれいな砂浜


テンション上がって忘れそうになるのが、入国審査。
既にフェリーでタイに入っていました。リペ島の船乗り場でそのまま入国審査が完了。

リペ島イミグレーション


私たちが宿泊したのは、2カ所です。
・サンライズビーチの “キャストアウェイリゾートコリペ”
・パタヤビーチの “シタビーチリゾート”

キャストアウェイは2階建てバンガローがとっても素敵🤩
エアコンなし・水シャワーなのでなかなかハードなんだけどそれにも負けない魅力があります。ここのカフェがさらに素敵!ココナッツミルクシェークがすごく美味しいの!!ビーチが目の前で1日中ゴロゴロして過ごすのもオススメ★

カフェ
バー


シタビーチリゾート は立地がよくリゾート感が味わえます。
その時は、プールが少しきれいではなかったので入らなかったです。。

プチ情報ですが、パタヤビーチは西側の端 ( シタビーチリゾート 近く)近辺が、 砂がとても細かく遠浅のため、子供連れにはおススメですよ。

リペ島内は徒歩移動可能ですが、荷物が多い時は一人50B?くらいでタクシー利用も便利です。

島の真ん中にはウォーキングストリートがあり、食べ物屋さん・お土産やさん・マッサージ屋さんもたくさん。

リペ島内のマッサージはオンザビーチで1時間400Bくらいでかなり技術が高い施術をする人が多くてすごくよかったです!ほんと、癒し!

またシュノーケルツアーを現地で申し込んだり、カヤックを借りたり、自由に予定を立てることができます。

思い出すだけでリペ島にまた行きたくなったきました!!もう、年末年始のホテルがかなり減ってきているようなので早く予定を決めなければですね!

あわせて読みたい

コメントを残す