解決! 2歳児ペダルなし自転車の選び方 | 我が家のおすすめ自転車で解説

我が家には、そろそろ5歳になる娘がいます。
2歳半のときに購入した「ペダルなし自転車」について個人的感想を書いていこうと思います。

※自転車のランキング/選び方の詳細については他のサイトにお任せし、こちらでは娘が2歳半~約5歳まで使用した感想を中心に書いています。

参考になれば幸いです。


まずは結論からですが・・・。
“Airbike” とってもいいですよ


先に気になる方は公式サイトへ
※リンク先一番右「フットレスト付」です


我が家でも、2歳児の自転車選びについて苦労しました。まずペダルありにするか、なしにするか。ブレーキは必要かなどなど。
調べれば調べるほど、候補が増えていき泥沼にハマっていきます。。


「我が家の自転車の解説」が自転車選びの参考になれば幸いです。

↑絶妙な配色

ここからは、我が家のAirbikeについての個人的感想を書いていきます。

★☆★☆★☆ いい所★☆★☆★☆
値段:3980円(税込)は最安値帯
デザイン:カラフルな色が多くオシャレ
耐久性 :意外としっかりしている
機能性1:ブレーキ付き
機能性2:足乗せがある
機能性3:スタンドがついている
その他1:カラーバリエーションが豊富
その他2:意外に他の子とかぶらない
その他3:自社工場生産で安心
その他4:送料無料

★☆★☆ 良くない所★☆★☆
見当たりません。。
個人的見解です(笑)
《参考》
しいて言えば、タイヤがチューブレスで少し固めな所です。
しかしタイヤのパンクや空気量を気にする必要がなくなるのでメリットにもなります。

★☆★☆ サイズ感について★☆★☆
2歳半:サドルは1番下
3歳 :サドルは少し下
4歳 :サドルは中間
約5歳:サドルは中間上
※足が伸びましたね♪


いい所について詳しく書いていきます。
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
まず、 値段についてですが、ペダルなし自転車の最安値帯なので、もっと安い価格のものがないかと調べて深みにはまることがなくなります。
また価格が安いので、次の自転車への買い替え時にも気持ち的に楽です。
我が家は5歳の誕生日に新しい自転車に買い替える予定です。


次に、デザインについてですが、カラフルでオシャレなので娘も私も気に入っています。
意外に他の子と、かぶったことがないのでそこもオススメポイントです。
我が家のはホワイト×カラフルという色で、近所のおばあちゃんに “カラフルでかわいいなぁ” とよく言われます。


次に、耐久性についてですが、個体差があると思いますが、我が家の自転車は不具合が1度もありませんでした。
値段の割にしっかりした作りだなぁと思っていました。


次に、 ブレーキの必要性についてですが、ネット検索ではブレーキ不要/必要の記事が見つかりますが、やっぱりあるといいですよ。
逆にないとブレーキの練習ができません。。

実体験では、2歳児ではブレーキを握ることが困難ですが、スピードがそこまで出ないのと足で止めることを覚えているので問題はないですよ。

娘は、3歳半頃からブレーキを使って止まることを覚え始めました。今ではちゃんと止まることができています。


次に、足乗せが必要かについてですが、こちらもあった方がいいと思います。足でこいだ後に乗せてバランスを取ることができます。フラフラとはしていましたが、派手にこけたことはなかったです。またブレーキがついているので、足を乗せても止まるので問題ないですよ。


次に、スタンドの必要性ですが、あった方がすごく便利ですよ。逆にないと少し不便です。。


☆★ プチ情報 ★☆
1. 子ども用のヘルメットはズレます。。
何度もズレると嫌がるので、実際に試すなど子供にあったヘルメットを選んであげるといいですよ♪

2. 2歳児が自転車に乗れるか。
ペダルなし自転車であれば問題なく乗れますので心配無用です。
娘は2歳半に購入し、すぐに乗ることができましたよ♪


☆★ 2年半使用で感じたこと ★☆
2歳半~約5歳まで使ってみて思ったことは、「いい買い物だったなぁ」です。
今思うと、この価格でこの装備/デザインであればあまり悩む必要もなかったのかもしれません。。


まとめ

ペダルなし自転車 “Airbike” は、 2歳半~約5歳まで使いましたがとても満足できました。
価格も最安値帯で、必要なものはフル装備。耐久性/デザイン性もGoodなので購入を決断しました。

まだまだ使えそうですが、5歳頃になると周りの子がペダル付き自転車を乗り始めるようになるため、必然的に次の自転車の買い替えになると思います。
ペダルなし自転車の期間はそんなに長くないので、私はこの価格帯のものをおすすめします。


【 Airbike 公式サイト 】


迷っている方の参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す