アジア一人旅★15日目バンビエン→ビエンチャン→バンコク★トラブル×トラブル

アジア一人旅★15日目 2017年1月4日

本日のお宿 ライブイットアップ アソーク (LiveItUp Asok)

 

事件は夜中起こった。

突然、なにするんだー!ここは俺のベッドだー!と怒鳴る男の声。

同室の人が慌てて電気を点けると、目の座ったパンツ一丁の男がわたしの隣のベッドに潜り込もうとしていた💦

 

酒に酔っているか、ドラッグをやっているのかわからない。

バンビエンはもともとヒッピーの町として有名で、いまでもHAPPYと書いている店ではドラッグを入手できるらしい。

その男がパンツをまさぐり、床へ向かっておしっこを・・・ひゃー(;´Д`)

そのあと、パンツ一丁男がわたしのベッドに座る・・まじで怖すぎるー😱😱😱

 

男がむくっと立ち上がり自分のベッドに戻って行ったから一安心、最初に潜り込んだのが男のベッドでよかったー!

今更ながらやっぱりミックスドミって危ないんだなと認識しました。。

なんだかよく眠れないまま、朝を迎え、窓の外の美しい空に気づいたまめ母、急いで外へ。

すると、こんな美しい朝日が!!!気球も飛んでる♪

 

 

心機一転いい朝かと思いきや、この日のトラブルはまだ続く。

バンビエンを朝7時半に出発するミニバンを予約し、余裕でビエンチャンのワッタイ国際空港に到着する予定だったのに、8時と過ぎてもバスの迎えが来ない💦

 

宿の人に相談すると7時半なんてバスはないとのこと。

わたしがバスを予約した会社は何度かトラブルになってるところだったみたい😱

大人しく宿でミニバンを予約すればよかったー泣

 

急いでツアー会社へ行くと、ここで待ちなよ、8時の送迎バスが来るからさ、っていやいやもう8時20分だし。

待っても待っても、迎えが来ない。何度言ってもだめ。

このままじゃ飛行機乗り遅れるから早くバス停に連れていけと言っても、なかなか行ってくれない。

9時少し前になった頃に、やっとバイクでバス停まで送り届けてくれたけどほんと時間ぎりぎり。

 

ヴィエンチャンのノースバスステーションまでは、3時間20分くらいで到着。

すぐにトゥクトゥクへ乗り換え空港へ向かいます(3万キープ)

時間がある人はロットゥでも行けそう。

 

 

なんとかちょうど2時間前に到着できたけど、いつも通りエアアジアのカウンターは長い列。

遅れるんじゃないかと気が気じゃなかったけど、なんとか間に合ってよかったー。

やはり前日までにヴィエンチャン入りしておくのが賢明だと思いました。

 

ヴィエンチャン⇒バンコクの飛行機は問題なく到着。

旅の初日もスクンビットに泊まりましたが、この日も同じく。

前回は駅から遠かったので、今回は駅前へ変更。

この旅でたくさん泊まったゲストハウスの中で一番よかったかな。900円程

 

 

さぁ、翌日帰国なのでのんびりしていられません。

旅の最後の思い出に、ルーフトップバー“オクターブ”に行ってみることにしました♪

17時から19時はハッピーアワーでカクテル1杯買うと1杯無料✨

 

ちょうど帰宅ラッシュの時間だったようで、なかなか電車に乗れない💦

アソークから2駅なのに、予想よりけっこう時間がかかってトンロー駅着。

オクターブに着いた頃にはすごい人で座る席がない・注文もなかなかできない…

と、いうことで写真だけ撮って帰りました笑

夕日もきれいに見えるようなので、早めに行くのがよさそうです!

 

 

夕食はトンロー駅周辺で食べることにして、こちらのチェンマイ料理のお店へ。

口コミで絶賛されていたゲンハンレイが気になって頼んでみたら豚のカレーでした。

ゲンハンレイ+ごはん90B 野菜20B

 

 

そのあとはSakura Spaでマッサージ。(タイ古式60分300B)

バンコクで受けたマッサージの中で一番気持ちよかったー☺

 

 

マッサージで癒された後は、タラートロットファイの鉄道市場へ。

タイ文化センター駅までは電車で行けますが、乗り換えが面倒なのでタクシー移動(100B弱)

 

 

毎晩こんな楽しい市場が開かれているなんて、タイってやっぱり素敵だわ~(月曜休み)

お土産物から古着・飲み屋までけっこう安い値段だし、交渉不要なところが嬉しい。

ただ、お目当ての三角枕が売ってなかったのがざんねん。

 

 

最後にアソーク駅の近くの24時間スーパーでお土産たくさん買って帰宅。

短いバンコク滞在でも十分満足できる1日でした^^

あわせて読みたい

コメントを残す