マレーシアのネット通販

いつもネット通販をしまくっているまめ母です。
そんなネット通販好きのまめ母がマレーシアに住んでびっくりしたのがネット通販の不正確さ。

使ったのはLAZADAというシンガポール・インドネシア・ベトナム・タイ・フィリピンなどで東南アジアで展開している通販サイト。

けっこう安いけど、予定通り届くかどうか運次第。

サイト自体はちゃんとしていて、問い合わせをするときちんと返信をくれます。

最初に電子レンジ・ドライヤーなど生活に必要なものを購入。

「今日配送予定です」というSMSが届くもその日に来ない。

翌日以降も届かず、注文時に〇日~〇日に届く予定と書いていた日程を過ぎても届かない。

おかしいなぁと思っていたら、最初の「今日配送予定です」というSMSが届いた日に、

一日中家にいたにもかかわらず、不在票だけ入れて帰っていったみたい(-“-)



それにも懲りず、2度目の注文はチャイルドシート。

まだ荷物が届いていないのに、勝手に配送終了のSMSが届いてびっくり!

車の納車に合わせて早めに注文したつもりが、配送終了のSMSが届いた2日後にやっと荷物到着。

そんなこともあれば、注文した2日後くらいに普通に届くこともあります。


マレーシア通販の不便なところは、時間指定もないし、宅配ボックスもないということ。

働いている人とかどうやって荷物を受け取るんだろう?

ちなみにlazadaで購入して一番役立ったのはこの除湿器でした。

 

 

 

もう一つ使っていたのがスーパーマーケットTescoの通販。

商品は店頭と同価格、配送料が3~5RM必要だけど、

時間指定できて受け取りが楽なので水など重いものを買う時に利用していました。

時間はこのように細かく指定できます。

問題は、必要量を指定して注文しているのにその通りに持ってこない。

初めて利用したときは、必要量の5倍とか大量の野菜を持ってこられて、それ以降できるだけ野菜は注文しない。

注文するとしても、たくさん持ってこられても消費できる芋類や決まった量が包装されている野菜を頼むにしました。

また、いい野菜を選ぶこともできないので、届いたトウモロコシが全く食べられない未熟なものであったことも・・

野菜と魚、チキンは市場で買うのが一番いいですかね。

 

このネット通販の不正確さは、配送スタッフのやる気がいまいちなジョホールだけのことかもしれないけれど、やっぱり日本って便利だなぁと、マレーシアに行って実感しました。

しかしLAZADAのサイトは、可愛らしいデザインと購買意欲がわくような価格設定。やっぱりやめられませんね~。
一度LAZADAのサイトをチェックしてみてくださいね。楽しいですよ。。

ジョホールバルでお得に子供服を買う方法は、こちらの記事に書いています
   ↓↓↓

あわせて読みたい

コメントを残す