アジア一人旅★6日目マンダレー →バガン★ポッパ山サンセットツアーに参加

アジア一人旅★6日目 2018年12月26日

本日のお宿 Lucky 7 guest house

 

朝6時半、出発のバスに乗ってマンダレーからバガンへ移動。

6時半のバスなのに6時前に迎えに来た😂

 

バスのタイムスケジュールはこちら。9,000チャット。

(ピックアップ・ドロップオフ込み)

 

どんどんピックアップしてバスターミナルへ向かいます。

このバスターミナルめっちゃ汚い💧

 

 

そしてバスに乗り換えてから、予約表と照らし合わして誰だお前?みたいになったんだよね😅

6時半のバスを予約したのに、ホテルのスタッフが間違えて8時半のバスを予約入れていたみたい。予約入れてもらうときも何度も間違えるから確認しまくったのに何してくれてんだよ・・

たまたま同じ宿に朝便でバガンに行く人がいたからピックアップされたけど、遅い便になってたら本当に困るよ。

 

バガンへのバスは途中、さらに乗客を乗せようと停まりまくる。

ちゃんと時間通りにつかないだろと乗客たちが怒り出し、なんとか再出発。

けっきょくバガンには12時前に到着。

 

途中チケットブースにより25,000チャットの入場料を払いました。

20USD、30シンガポールドルなどでも支払い可。

バスは自分の指定したホテル前で降ろしてくれます。

 

とりあえず最安値らしいホテル前で降ろしてもらうも値段が上がった模様。

まだ部屋も準備できてなかったし、もう一つ気になるゲストハウスへ。

Lucky 7 Guest House。

 

 

ホットシャワー・wifi・バスタオルも付いてシングル部屋8ドルと激安!

ここに決定⭐荷物を置いて昼食へ。

 

あんまり美味しそうなものがなかったのでバナナパンケーキを注文。

ミャンマーティーも付けて2,500チャット。

 

 

近くをぶらぶら。ニャンウーマーケットに行くもよさそうなものは売ってなかった。

とりあえずバスとe-bikeの相場をチェックし、バガンは明日以降行動することとし、この日はポッパ山を先に見に行くことにしました!

 

ポッパ山へは乗り合いタクシーツアーがあり、朝9時出発が8,000チャット、サンセットツアーがら15時出発10,000チャット。

その辺のツアー会社や宿で申し込みできます。

わたしは宿の前のゴールデンゲストハウスで申し込みました。(Lucky7でも申し込み可)

もう一組、スイス人の親子を乗せ、ポッパ山へ。

 

途中、砂糖を作っている工房に寄ります。

これが美味しいけど激甘過ぎて、ぞわっとなる。

 

 

ポッパ山はバガンの南東50キロに位置する、標高1,518m死火山。

モリッとした山の上に寺院があります。

上の寺院までは長い階段が続きます。

 

 

途中、猿がいっぱいいて、可愛いんだけど、めっちゃ暴れてて怖い😩

景色は抜群でほんと来てよかった〜✨

 

 

ほかの人のブログ?でポッパ山の上でサンセットを見ると、ポッパ山に沈む美しいコントラストの夕日が見えないという記事を読んでいたのでサンセットの前に急いで階段を降りる。

途中、お土産物屋さんで現地の人が詰まっていて全然進まず。

降りたときには夕日も沈んでた😂

 

降りて写真撮りながら思ったけど、これ、下で見ずに絶対ポッパ山の上で見るのが正解!

夕日が沈んでしばらく経ってから、ポッパ山越しの美しいコントラストが見られるので、

夕日を頂上で見る⇒タクシーは6時出発だから急いで降りる⇒写真を撮る!

次行く人は絶対そうしてください😂もう1回リベンジに行きたい気持ちだよ。。

 

 

いっしょだったスイス人は、ポッパマウンテンリゾートで下車。

ゆっくりしたい人はここに泊まるとよさそう。めちゃめちゃ高そうだけど。

約1時間くらいでバガンの街に帰ってきました。

 

夕食はShwe Moe Restaurantで。

 

生ビール(900チャット)とスープヌードルを。

明日のe-bikeの交渉も終わったので、安心して眠りました、とさ😄

あわせて読みたい

コメントを残す